So-net無料ブログ作成

<CoCo壱番屋>シカ肉カレーを2店舗で提供 滋賀県内で駆除、地産地消(毎日新聞)

 カレーハウスCoCo壱番屋(愛知県一宮市)の県内2店舗が17日、日野町内で駆除されたシカの肉を使ったメニューの提供を始めた。シカ肉は大半が廃棄処分されており、関係者らは有効活用の第一歩として期待している。

 東近江五個荘店(東近江市)と近江八幡サウスモール店(近江八幡市)。いずれも日野町猟友会が町内で捕獲、解体した肉を使い、1食880円。県によると、シカは稲穂や野菜の新芽などを食い荒らし、08年度は県内で約4000万円の被害が出た。生息数は07年度の2万6300頭から年々増加し、12年度には4万4000頭に増える見込み。県は今年度、昨年度の倍の8500頭を駆除する方針。

 一方、県内でCoCo壱番屋を10店経営する岡島洋介さん(46)は、鉄分を多く含み、高たんぱくで低脂肪のシカ肉に着目。今年1月、同町に新メニューを提供したいと持ちかけた。シカ肉はにおいや硬さが難点とされてきたが、圧力鍋でニンニクなどと煮込むことで克服した。売れ行き次第で扱う店舗を拡大するという。

 岡島さんは「利益はほとんどないが、地域貢献のつもりです」と話している。店を訪れた藤沢直広町長(54)は「地元農家とカレー店、食べる人のみんなが喜ぶ三方良しの取り組み。これを機に消費を拡大させたい」と期待した。【後藤由耶】

【関連ニュース】
<写真特集>学生食堂:カレー、から揚げ、ラーメン 人気&自慢のメニューを紹介
<写真特集>ボンカレー:発売40周年「記念日」に決定 松坂慶子も祝う(2008年)
<写真特集>「富士宮やきそば」「せんべい汁」…各地のB級グルメ、集合!
<写真特集>松村邦洋:一気食いで「芸人の街」グルメをアピール(2008年)
<写真特集>チキン南蛮:和洋中、オリジナル24種類 東京駅でコンテスト

【寒蛙(かんがえる)と六鼠(むちゅう)】論説委員・長辻象平(産経新聞)
MOX燃料加工工場に許可 核燃料サイクルつながる(産経新聞)
米運輸長官に新幹線売り込み=日本の技術力アピール(時事通信)
勝間vs香山…結局、自分で見つける「幸せ」(産経新聞)
<コウイカ>赤ちゃん、ちっちゃいけど元気です−−福岡・マリンワールド(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。