So-net無料ブログ作成

遺伝性難聴の原因タンパク質を解明 京大病院の研究チーム(産経新聞)

 内耳の細胞に生えた毛の毛根が、遺伝子の変異で形成されないことが遺伝性難聴の原因の1つになっていることを、京都大学付属病院の北尻真一郎助教(耳鼻咽喉科学)らの研究チームが突きとめ、28日付(日本時間)の米科学誌「セル」(電子版)に発表した。

 内耳には渦巻き状の管があり、毛根を持つ「不動毛」が生えた有毛細胞が並んでいる。音(空気の振動)がこの毛を揺らすことで神経細胞に電気信号が伝わり、脳が音を感知するが、毛根ができないと不動毛が安定せず、この仕組みがうまく働かないことを明らかにしたという。

 チームは、内耳にある「TRIOBP」と呼ばれる遺伝子が働き、繊維を束にしてこの毛根を形成することを発見。遺伝性難聴患者の血液を解析するなどし、この遺伝子に変異があることも確かめた。

 北尻助教は、遺伝性難聴だけでなく、多くの難聴は「不動毛」の根本の異常がみられるとした上で、「研究を進め、さまざまな難聴の治療法を確立したい」としている。

【関連記事】
「薬があるのに使えない」難病に立ち向かう子供たち
滲出性中耳炎 放置すると重症化、髄膜炎などの合併症も
細胞の状態を色で表すタンパク質を開発 京大研究チーム
アキレス腱発達の遺伝子を発見 治療法開発に道も
ハンチントン病、原因はDNA修復障害 実験で確認

将棋 3連覇の羽生名人「山あり谷ありの勝負でした」(毎日新聞)
事業仕分け 電気メーター検定を見直し 実務丸投げ「資格・検査」法人(産経新聞)
「アトラス 迷宮のボルヘス展」妻のマリアさん来日(産経新聞)
<セクハラ>愛知県吉良町の副町長 指摘受け退職願を提出(毎日新聞)
哨戒艦事件、安保会議で協議へ=鳩山首相、万全の対応指示(時事通信)
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

ホジホジくん


あ"あ"あ"あ"あ"あ"!!
一晩で5回もイかされるなんて初めてだ!!
お金もらってから、2時間ずっとチソチソいじられっぱなし!!笑
ちょっと疲れたけど、めちゃくちゃ気持ちよかったぞ!!(*゚∀゚)=3
http://toy.PizaPizahiza.net/izv8tta/
by ホジホジくん (2010-05-29 04:28) 

魔羅マラ夫


にょひょほほほほ!!!!(゚∀゚≡゚∀゚)
昨日セレヴとセックチュしたら、まさかの12万ゲットォォォォ!!!!
熟れたボディも思ってたより工ロくてウマウマ(゜∀゜)でちたwwww
http://Kasira-d.net/vvv/-a0oa-4/
by 魔羅マラ夫 (2010-06-04 00:25) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。