So-net無料ブログ作成
- | 次の10件

麻生前首相、きょう訪台(産経新聞)

 自民党の麻生太郎前首相が5日から4日間の日程で台湾を訪問することが4日、分かった。民間人の招きによるもので家族とともにプライベート日程として訪台する。政治事情視察を目的として国会に届け出されている。

 首相経験者の訪台は珍しく、平成4年3月に福田赳夫元首相が訪れたほか、森喜朗元首相が15年12月に知人の墓参とラグビーワールドカップ日本招致の協力要請、18年11月には台湾当局から勲章を受けるため訪問したことがある。

 一方、麻生氏は15年4月、党政調会長時代に超党派の国会議員団の団長として訪台。当時の台湾与党・民進党との交流シンポジウムに出席し「日台が安全保障で議論することは意義がある」などと意見表明した。

4月は目前なのに…比叡山で雪、冬なみ冷え込む(産経新聞)
落とし物を届ける間に出火、ラーメン店全焼 和歌山(産経新聞)
ラグビー元日本代表 列車にはねられ死亡(産経新聞)
「春 足踏み」 比叡山雪化粧(産経新聞)
<チリ津波>気象庁の対応、「適切」6割 東大地震研調査(毎日新聞)

産経志塾「立派な日本人が日本をつくる」(産経新聞)

 この国はどこに行くのか、日本はどうあるべきなのか−。産経志塾2日目の講義で、ジャーナリストの櫻井よしこ氏は、これからの日本を背負っていく若者たちと、日本の未来像について真剣に語り合った。

 「日本国の政治の中に、国家という概念がなくなっている」と現代日本に危機感を抱く櫻井氏は、「経済だけで国を守れるか」と塾生に問題提起。高い技術力や経済力を持ちながら中国への依存を深める台湾を例に、「日本の国益を守るには、力がいる。一国では難しく、価値観を同じくする国の同盟が必要」と外交力と軍事力を備えたうえで、国際協調する必要性を強調した。

 櫻井氏が「お金がなくても、人間がしっかりしていれば立ち上がれる。立派な日本人を作ることが日本を作ること。心も体も頭も強い日本人になってください」と講義を締めくくった。

 鹿児島市の医師、美園奈央さんは「日本の予算が借金まみれで、来年度の子ども手当の予算が防衛省予算より大きいことなど、知らなくてはならないことがいっぱいあった。これから、周りに伝えていきたい」と話していた。

【関連記事】
明石氏「外国から学ぶ貪欲さを」 産経志塾
『皇位継承の危機いまだ去らず』櫻井よしこ、大原康男、茂木貞純著
保守系文化人、メディアパトロールジャパン立ち上げ
「外交、軍事力のバランス整備を」櫻井よしこ氏が松山で講演
「正論」九州講演会 櫻井よしこさんが日米同盟の危機に警鐘

救急の妊婦死亡「適切な処置せず」医師書類送検(読売新聞)
特養介護職に医療行為=「たん吸引」など来年度から−厚労省(時事通信)
障害者自立支援法訴訟 国と初の和解…さいたま地裁(毎日新聞)
看護管理学会が都内で緊急フォーラム(下)(医療介護CBニュース)
自民若手有志が執行刷新を申し入れ(産経新聞)

3月末で平日昼間割引終了=夜間、週末は継続−首都・阪神高速(時事通信)

 首都高速道路会社と阪神高速道路会社は23日、ETC(自動料金収受システム)搭載車を対象に実施している平日昼間の料金割引制度を3月末で終了すると発表した。平日夜間(午後10時から翌日午前6時まで)の20%割引と、土日祝日(首都高速は日祝日)の最大約30%割引は継続する。
 平日昼間割引は、渋滞解消を目的に国土交通省の社会実験として行われていた。両社は割引終了の理由について、「渋滞解消効果が薄れてきたと判断したため」と説明している。 

【関連ニュース】
【動画】東日本高速道路 道路管制センター
【動画】アクアライン探検隊、出動!
【Off Time】街ある記-富山県魚津
「ホワイトデーのプレゼントしたい」=ひったくり容疑で男子高生逮捕
首都高、阪神高に距離別料金制=値上げの可能性も

さよなら「サラリ君」 西村宗さんに聞く ひらめきと冷や汗の30年(産経新聞)
張が2連勝=囲碁十段戦(時事通信)
<自民党>谷垣総裁「前面に立つ」と決意表明 参院選に向け(毎日新聞)
<掘り出しニュース>警告カードを水増し 「上司にほめられたかった」(毎日新聞)
<警察庁長官>DNA型の試料「面前で封印を」(毎日新聞)
- | 次の10件

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。